海外向けと日本向けのプロペシアの違い

プロペシアは抜け毛の治療薬として世界中で広く使われています。
日本だけではなく世界の国で承認され、多くの所で使われています。
したがって日本向けのものだけではなく海外向けのものもあるということになります。
プロペシアを製造しているのはアメリカノのメルク社と言うところになっていますが、一部の国では製造することを認めています。
この中に日本も含まれています。
しかし一般的には皮膚科などから購入しなければいけません。
しかし個人輸入をすることでアメリカ製の薬の購入をすることもできるのです。
この海外向けのものと日本向けのものに違いはあるのかというと、製造の大本がメルク社と言うことになっているの、どこで出回っているものでも効果は同じとなっています。
しかし供給先の国によって価格に違いがあると言うようになっています。
一般的には先進国の法が経済的に豊かと言うことで価格も高くなっています。
個人輸入を利用した場合には自宅で注文をするだけということになるので、病因に行くという手間がかからず初診料などの費用の必要もありません。
また本家の薬と言うことで安心感があるのが大きな違いとなっています。
ジェネリックの薬よりも人気が高いという傾向があります。