プロペシアの個人輸入の信頼性

抜け毛を気にしている人は多いですが、この薄毛の問題は簡単には解決しません。
育毛剤なども多く発売されていますが、効果があるものは非常に少ないです。
しかし医薬品の一部には高い育毛効果を持ったものがあり、その一つとしてプロペシアがあります。
このプロペシアは特殊な成分が配合されていて、解決がむずかしい薄毛の問題を改善します。
薬効があることが確認されているものなので、使えば高い確率で髪の毛が生えてきます。
ただこの薬は保険の適応外なので、病院で処方してもらおうとするとかなりの金額になります。
そのため個人輸入で購入する人が増えており、そのサポートをする会社もネット上にはたくさんあります。
ただ個人輸入は基本的に自己責任なので、なにか問題が起きたとしても誰も責任をとってくれません。
またこの薬には副作用も軽くあるといわれるので、使用して体調がおかしくなることがあります。
ですから利用する時は、医師の診断を受けつつ利用する必要があります。
このプロペシアを個人輸入する時は、頼む業者の信頼性をよく調べたほうがいいです。
個人輸入を頼める業者は多くありますが、中には怪しいところもあります。
そういう所で頼むと偽物の薬を売りつけられることもあるので、信頼できるサイトを利用した方がいいです。

海外向けのプロペシアの入手方法

プロペシアとは、アメリカのメルク社が開発したAGA治療薬です。
入手方法は、皮膚科か専門病院で処方してもらうだけでなく、個人輸入も可能です。
自分で個人輸入をするのが面倒な時は、個人輸入代行業者を利用すれば余計な手間がかかりません。
ただし、中には悪質な業者もいるので、業者選びは慎重に行う必要があります。
個人輸入なら海外向けのプロペシアも入手することが出来ます。
海外向けといっても全てメルク社製なので、成分の違いはありません。
違うのはパッケージと価格です。
30錠毎の価格は、日本版は約7、500円、アメリカ版(アメリカ市場向け)は約9,000円弱、アメリカ版(タイ市場向け)は約5,000円弱前後、イギリス版は約5,000円、ニュージーランド版は約7,000円前後となっています。
アメリカ版(アメリカ市場向け)以外は病院で処方してもらうより海外から個人輸入した方が安く入手できます。
また、個人輸入なら診療費がかかりませんし、病院に行く時間と手間を節約することができます。

もっと安価な治療薬が欲しい時は、フィンペシアなどのジェネリック医薬品を活用する方法もあります。
ジェネリック医薬品なら10分の1程度の価格で入手することができます。
もちろん効果は変わりません。