プロペシアの個人輸入では健康被害が起きる偽物に注意

プロペシアには、発毛を促進させAGAを改善させる効果がある一方、価格が高いデメリットがあります。
病院で診察を受け処方してもらうと、健康保険の適用外となるために、薬代も全額負担になります。
そのため、プロペシアの薬代は1ヶ月で1万円前後となり、患者にとって大きな負担となるのです。
負担を軽減するために、多くの患者が利用しているのが、プロペシアを個人輸入する方法です。
海外から個人輸入して購入すると、病院で処方してもらうより、格安な価格で手に入れることができます。
また、ジェネリック薬を選べば、価格はもっと下げることが可能です。
1ヶ月分を2千円から3千円程度で購入できるので、大幅に負担を軽減できます。
こうしたことから、個人輸入代行業者を使いプロペシアやそのジェネリック薬を購入する患者は、最近増え続けているのです。
しかし、海外から個人輸入をする場合は、プロペシアの偽物を売りつけられる可能性があります。
偽物を服用してしまうと、AGAに効果がないばかりか、健康被害が発生してしまう場合も高まります。
プロペシアを海外から個人輸入するときは、絶対に偽物を購入してはいけません。
健康被害が起きる可能性もある偽物を購入しないために大切なことは、信頼のできる個人輸入代行業者を利用することです。
信頼のできる個人輸入代行業者では、プロペシアの成分検査を実施して、偽物でないことを証明しています。
成分検査をしているなら本物だと安心できますし、万が一偽物であった場合には、全額返金保証もしてくれます。
偽物を服用して健康被害に遭わないためにも、プロペシアを個人輸入で購入するときには、信頼のできる個人輸入代行業者を選びましょう。