淋病の基礎知識!淋病はどんな検査や治療をおこなうのか

近年感染者数が急増している淋病。淋病は淋菌(りんきん)が感染しておこる病気でほとんどが性交によって感染します。淋病はどのような病気で、どんな検査や治療があるのでしょうか。

*

性病の中で患者数の多い淋病を予防する

   

男性患者の割合が多い淋病

淋病は淋菌という菌に感染することで発症する病気のことで、性病全体の中でも患者数が多い病気です。クラミジアと異なり女性の患者数よりも男性の患者数が多いという点が特徴です。淋菌は感染力も強くありませんし、感染経路もかなり限定的なので患者数は減少傾向にありました。

しかし、近年では薬剤に耐性のある淋菌も登場しているので、決して油断をすることはできません。感染力が弱めなので淋菌を持っている人の粘膜同士の接触がない限りは日常生活で感染することはありません。

ところが、1回の性行為で伝染する確率は3割と高いので、コンドームを使わない無防備な性行為を行わないようにすることは予防の為にとても重要です。パートナー以外の不特定多数と関係を持つことも避けましょう。

また、国内でもオーラルセックスが一般化したことから性器から咽頭の感染というパターンも増えてきました。このパターンは感染を繰り返しやすいので、注意しなくてはいけません。

パートナーと一緒に治療をする

淋病の症状は男女それぞれで大きく異なるので注意が必要です。

男性の場合は潜伏期間が終わった後は尿道に炎症を起こす患者が多いのが特徴です。尿道に熱や痒みを感じたり、排尿時に痛みを感じるようになります。症状が悪化すると膿も出始めます。

女性の場合はおりものの量が増える症状や性器の痒みなどの症状を訴える人もいますが、自覚症状がないと患者も多く、きちんと治療をしないまま放置されていることも珍しくはないのが現状です。

しかし、パートナーも感染しているなら2人とも一緒に治療をしないとピンポン感染と言って、お互いに淋菌を感染させ合い、何度も病気の発症を繰り返すループにはまり込みやすいので注意が必要です。

どちらかに淋病の自覚症状が出た場合は、2人とも性病の検査キットを使って感染の疑いがあるか調べ、必ず病院を受診しましょう。特に女性は放置すると不妊に繋がる恐れがある病気ですから、自分だけではなく必ずパートナーの治療もしなくてはいけません。