淋病の基礎知識!淋病はどんな検査や治療をおこなうのか

近年感染者数が急増している淋病。淋病は淋菌(りんきん)が感染しておこる病気でほとんどが性交によって感染します。淋病はどのような病気で、どんな検査や治療があるのでしょうか。

*

淋病の治療にかかる費用はどれぐらい

   

淋病治療の費用は?

淋病にかかっているかどうかを自分で判別するためには、検査キットを5000円から6000円程度で購入して自分で調べ、陽性ならば病院へ出向いて本検査を実施して抗生物質を処方すれば治ります。

病院での検査費用は、見ただけで症状が分かる男性ならば5000円程度ですから、抗生物質代金として3000円程度追加して合計8000円程度で完治に至ります。

女性は自覚症状が全く出ない人が半数ほどふくまれるので、検査キットにより陽性反応が出てから本検査を医療機関で受けることになるので、治療代金合計が多くなりがちです。

自覚症状が出にくい女性は、本検査時に淋菌を検出する必要があるので、最初の本検査に8000円程度かかることを考えると、トータルで2万円程度の費用を見積もっておけば十分と考えられます。

淋病は耐性菌を出さないことが何より重要であって、ウィルス感染により引き起こされるので、治療をしない限りは完治しません。2週間忘れずに抗生物質を飲み続けることが何より重要です。

淋病治療に保険は適用されるの?

検査キットを使って淋菌の有無を検査する際には、あくまでも個人的な検査ですから保険とは無関係です。

病院へ出向いて淋病検査を実施した際に、症状が出ていれば健康保険の適用が可能となるので、3割負担ならば検査と診察代金に加えて薬代まで合計しても5000円から8000円程度で収まります。

内訳としては、外観により症状が確認出来れば1300円、淋菌検査が必要ならば2400円程度。抗生物質代金が2週間分で3,000円程度見積もっておけば良いので、症状が出始めていたりオリモノの様子がおかしいと感じて感染の疑いがあると思ったならば最初から医療機関へ受診する方法があります。

検査キットは淋病以外の検査にも対応しているので、定期的な検査のみを行いクラミジアといった他の性感染症も含めて検査することが出来れば、病院へ出向く回数を減らすことが出来ます。明らかに感染していると自覚があるかどうかで、医療機関の受診有無を決めると良いです。